• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

2022/03/04 10:30

スタイリング後記、最終はPEACOCK編です。


ピーコックに込めたのは歴史の重さ。 


銅の重厚さを一番感じる発色と紋様。

今回はその深く重厚な美しさを感じる色でまとめて、

艶もあるドレッシーなコーディネートに。


帯留め-スクエア-のSCARLETに合わせて

赤みの紫からのグラデーションを帯周りに。

透明感あるモデルさんから、色香と艶が溢れました。


このPEACOCKは男性にとってもおすすめです。

色の重なりは大人迷彩のよう、

ハードなブーツや帯ベルトなどともベストマッチ。


もちろん古典的な物とも合います。

着物とかしこまらずにお洒落の一つで取り入れてみませんか。

 

艶のあるスタイリングはグッと後ろ姿に色香を。


第一印象はこの着物のスタイリングが一番悩むかな‥と思っていたのですが、

熱で浮き上がった多色の色を引き出していくと

ドレッシー以外もハードにも、古典的にもと無数に。



3色の浴衣木綿着物。

コーディネートで作ったイメージを、ヘアメイク、モデル、カメラマンと

共有し重ねていく作業は本当に楽しいものでした。

撮影以外に浮かんだコーディネートの広がりや提案はまた別の機会に。 

浴衣に目がいく季節にまたお会いしましょう。 




Styling Write by あさいやすえ  こゆき庵きもののきかたのお教室主宰  KICCAきものカラーコーディネーター®